マーケティングオートメーションは便利!内容を理解して導入しよう


具体的にMAはどんなものなのか

マーケティングオートメーション(MA)は顧客一人ひとりの興味にスポットを当てたもので長期的な関係を構築するために必須になるものです。ビジネスの現場で使われるツールで商品の販売促進や営業の効率化を行う、従来までのデータを連携させてマーケティングに活かします。具体的には見込み客の獲得を行い、リードナーチャリングで見込み客の育成をするのが特徴です。その後はすぐに営業接触を行い見込み客を摘出するといった内容をしています。

基本的に法人営業となるBtoBでよく使われるツールです。BtoCでは保険会社や不動産販売会社が積極的に行っているもので営業活動をする仕事では本領を発揮します。

米国で誕生したのがマーケティングオートメーション

2000年以前からアメリカではマーケティングオートメーションがありました。大企業が行っていたもので日本では2014年くらいから使われ始めたのが特徴です。具体的には1992年に米国で使われ始めたのですが当時はインターネット普及率が低く、浸透することはありませんでした。その後の1999年にマーケティングに必要な機能を詰め込んだパッケージを展開、これによりアメリカの多くの企業がマーケティングオートメーションに参入を果たしているのが特徴です。

クラウド型サービスの登場によりさらに数々のツールが誕生、時代に合わせてデジタルマーケティングが誕生してマーケティングオートメーションは飛躍的に進歩します。日本では日本人向けにアレンジされたユーザービリティの開発がされているので、これからさらに進歩するでしょう。

マーケティングオートメーションとは、デジタルマーケティングの一部のプロセスを自動化するシステムです。